スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

わかりにくいカードは?

2015/09/12 Sat 12:12

いただいたご感想

「わかりにくいカードはありましたか?」


「雲」(Tさん)

「百合」 (Mさん、Kさん、Mさん)

「十字架」(Mさん)

百合ですね、はい

30_convert_20150911214724.jpg


百合のカードは・・・
平穏、リラックス、ゆるやかな、成熟、発展、瞑想
エイジング、シニア、老化など 時間の経過や長さをあらわすとともに

官能的、セクシャルという意味もあわせもつからです。

百合の花をイメージしてみれば、実はどちらも納得ですよね

百合の花が咲いている時間の長さ
ゆるやかに枯れていく様子
咲いているときのあの官能的な香り・・・
そして花びらの枚数

百合は王家の紋章に使われたり、
受胎告知のときに聖母マリアのもとへやってくる
大天使ガブリエルのそばにも描かれたりしています。
このときの白い百合は純潔を象徴しています。

でもリーディング中にこのカードが出てくると

どっち〜

と、一瞬なってしまうのかもしれませんね。

また、隣に並ぶカードで意味がガラリと変わるのがルノルマンカード

個人的には、リーディング中に出る百合のカードは
官能的というメッセージよりも 

長さ(長いつきあい)とか、年上とか、ゆるやかに発展とか
あとはペースを乱されたくない(平穏なカードなので)
という感じかなぁ花びらの枚数が6なので、それもヒントですね。


あとは「シニアの男性」ですね。

えー?!百合なのに男性?

そうなんですよー別の視点から見ると、そういう意味も。

こう、書いてみると、確かに

百合のもつメッセージは多様ですね。
性別までも・・・
ルノルマンカード初級コース | コメント(0)

なぜ今、ルノルマンなの?

2015/09/11 Fri 11:11

マドモアゼル・ルノルマンとは
マリー・アン・アデレード・ルノルマン
(Marie Anne Adelaide Lenormand)
アランソン(パリから173キロほど西へ行ったあたり)で
1772年5月27日に生まれ(←この記載はルノルマンが洗礼を受けた日のようです)
実際は3日ほど前なのではないか?と。
当時のアランソンの習慣をルノルマンスクールのJUJUさんから教えていただきました。

亡くなったのは1843年6月25日と記録されています 結構ご高齢です。

双子座だったのですねホロスコープを出しても面白そう(どなたか〜
正確な出生日がわかれば。ですね

太陽星座の双子座が変わらないとすれば、作家としても活躍していたそうで
双子座のもつ多才な面をフルに発揮されたようです。


img_lenormand2.jpg

ルノルマンの肖像画はいろいろあり、これはその一つのようです。
とてもふっくらとした顔で描かれているものもあります。

フランス革命という時代を背景に、ナポレオンやジョセフィーヌ
王族、貴族、革命家などさまざまな層の顧客をもち
ナポレオンの生涯を予言した女性として、名を残したようです。

Wikiにはこのように書かれていました
Marie Anne Adelaide Lenormand (1772–1843) was a French professional fortune-teller of
considerable fame during the Napoleonic era. In France Lenormand is considered the
greatest cartomancer of all time, highly influential on the wave of French cartomancy
that began in the late 18th century.

その「マドモアゼル・ルノルマン」の名がついた36枚のカード

このカードは彼女の死後に、ドイツの会社によって、彼女の名前を使って作られたものです。
マドモアゼル・ルノルマンが実際にリーディングしていたカードではありません

では「マドモアゼル・ルノルマン本人とまったく無関係なのか?

というと・・・
波動的にはどうでしょうその名前がついているカード。

先日、坂本龍一さんがデモに参加して
「フランス革命に近いことが、今まさに起ころうとしている」
と、語っていたそうですが・・・

今このタイミングでフランス革命を生きたマドモアゼル・ルノルマンの名前とともに
ルノルマンカードがひそかに広がりつつあることも
偶然ではないのかもしれません。
ルノルマンカード | コメント(0)
ルノルマンカード初級コースで受講してくださった皆さんにいただいたご感想

こんな質問をしてみました

「ルノルマンカードで興味深かったことはありましたか?」


イメージを広げていく読み方が好き(Mさん)

リーディングしあっている相手とカードがシンクロするところ
帰ることを聞くと、「道」のカードが出てきたり、
「家」のカードが出てきたりするところ(人を変えてカードをひいても)
未来をクリエイトできるところ  (Kさん)

正直にカードが示してくれるところ
自分の心にすんなりはいってくるところ (Tさん)

ストレートに結果が出るところ (Mさん)

ペアになってリーディングしてもらうのですが、
同じようなテーマをもった人同士がペアになることが多いです。

犬を飼っている人には→犬のカードが出ることも多く
いつも後ろに寄り添うようにカードに出たり・・・
そんな姿には思わずキュンとなってしまいます。
ルノルマンカード初級コース | コメント(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。