スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

水の女

2008/09/08 Mon 13:33

2603020956.jpg

邦画にはまってるというK一邸で「水の女」を観賞。
私は普段あまり邦画を観ないのでよい機会。

全然知りませんでしたよ、この映画・・・しかも2002年・・・
タイトルを聞いたときにも
え?安倍公房の「砂の女」をパロったもの?
ぐらいにしか思いませんでしたが
とんでもなかったです。

UAさんにもびっくりしましたが(おそすぎ)
映画の登場人物は四大元素であるエレメント
の特徴をもった人が出てきます。

水は女性をあらわし
火は男性をあらわしますが
水である女性がもっている湿度・・・

映像は水、水、水、雨、雨、雨ときどき炎。
すっかり、水浸しの気分になり
ちょっと炎が恋しくなり。
エレメントに圧倒されつつ
ぼんやりと映画のエンドロールを眺めていると

special thanksみたいな感じで
Swami Kaleshwar ・・・

ん?Swami(インドの聖者)は
この映画の中でエレメントについてのアドバイスをしたのかな?

映画をつかってのメッセージ。
Swamiは火のマスターですが
こんなところにも。

マスターたちは本や広告、映画
友人との会話あらゆるチャンスをつかって
メッセージを送ってくれています。

以前、空海をチャネリングして
インスピレーションライティングをしていたときに
途中あまりに難しいことを言われ
半分、放棄しているときに
知人の口から連日「空海」というワードが出てきて、
しかも3人にも言われたときには観念して
続きをちゃんとやりました。

逃げていると周囲から固めてくるんですねー
マスターたちは。

スポンサーサイト
シネマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。