スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夢を見るとき、見ないとき

2008/06/12 Thu 15:55

31211570.jpg

連日、「22を超えていけ」の著書である
辻麻里子 隊長が夢に現れて、
スペシャル個人セミナーをしてくれます。
「こんな・・・贅沢なセミナーって・・・」
と、夢の中でもその事よくわかってます(笑)

で、いくつかの講義を受けていると
また例のごとく
ヤマトさんの「ピンポーン~」
ここで“ハッ”として
後半、全部忘れましたー

ヤマト → 大和 → 倭
なんか阻止されてる?
あまりに良い(悪い)タイミング。
今はきっと、受け取れない情報なのかも。

夢を見るときと、まったく見ないときがあります。
遠い惑星へチャージのため帰っているか、働いてるか、です。
私がよくいるのは、わりと近場の惑星(金星とか月あたり)のようで、
夢を見ないときは
朝、起きると、あれ?な、ところにアザがあったりする。
切り替えをうまくしないと→いくら寝ても疲れる
という現象が起きてきます。

スピリチュアルなことと現実、
肉体、感情、霊的なバランス。
バランスのよい状態、調和の状態は
大・小のいくつかのブレを体験して
わかってくる感覚なのかもしれませんね。

6月のエネルギーは定まらない天候も重なって
感情を揺さぶられるような感じや
行き場のない、いまひとつ抜けきれない感情、感覚、体調にあるようです。
水星の逆行は20日ごろまで続くこともあり
内省したり、過去において、
あるいは過去世のつながりのある人と再会したりするのも
魂的には“あぁ、そうそうこの感覚”的にしっくりきそうです。
肉体のケアは水の調整・排出をすると有効のようです。
水は体内に記憶を保持することもしていますので
不要なものを手放せないとか、過去にひっぱられてしまう、という
人は体内の水分ケアもぜひ。

私もそろそろオリーブリーフ飲んで
夏のカラダをつくります。

スポンサーサイト
スピリチュアル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。