スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

それぞれの場所へ

2010/02/20 Sat 03:33

趣味と時間を長い間共有してきた
kが神戸に帰ってく。

私の恋がひとつ終わるたびに
トニーレオン似のkはたくさん話を聞いてくれた。
そんな彼は誰にとっても友だちのプロ。
今度何かあったら・・・神戸で聞いてもらおう(笑)


Eちゃんは「西の魔女が死んだ」のサチ・パーカーのような人で、
「書く」仕事をしている女性。
彼女にとって人生は取材なのだそうだ。
そんなEちゃんの手から作り出されるお料理は、
魔法のようにおいしい・・・

1月、電撃的に熊本の果樹園に嫁いだ。
まだ完成してないようだけど、
彼の手作りの家に二人で住んでいるらしい。

「私たちって、なんでこんなに愛し合っているんだろうね?」

というのは二人の日常会話のよう。
いつか、その手作りの家が完成したら
そんな二人のもとに押しかけよう。。。

彼が大切に育てている桃やぶどうたち。
いつか紹介できるときがきたら、
ブログでもご紹介したいな~


そしてRさん。
先日愛するパートナーが時間のない世界へ旅立った。
舞台監督として最後まで全力で生きた人だった。
弔問に訪れる人びとは、
大人でも、男性でも、全身で泣いていた。
多くの人に愛された、
ほんとに素敵な大人の男の人だった。

お別れのカードには
「ちょっと旅にいってきます」
と書かれていた。

献身的な看護を続け、
再びパートナーに恋していたRさん
そういう夫婦の関係って感動的。
いろいろなシーズンを経ても
お互いの中にまだまだ新鮮な発見がある。


2010年はまだ始まったばかりだけど
これまで経験がないほど、
私も含め、友人たちの生き方と居場所が
劇的に変わっていく。

みんなどこへいくんだろう?

誰にもわからないけれど
「今」という時間のながれは早い。

交差している瞬間の出力は
最大でいたい。

こうやって私もまた一つ
執着を手放すことを覚えてく。

img_flower0022.jpg

スポンサーサイト
いとしのヒトビト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。