スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

体内探検隊

2009/10/09 Fri 11:11

子どもの頃、熱でうなされたときによく出てきたヴィジョンは
血小板だったんだ・・・
体内に意識で入って修復してたんだ。
と、気づいた一枚の画像。

img_1008cells2.jpg
こんなカラーだったら楽しい・・・


そんなときには決まって部屋の密度が変わり、
すごい圧迫感で迫ってくる。
空気がまるでカサブタのように剥け始める。
思いきりシュールなかんじ・・・

あるいは草間彌生的世界。
いま思い出しても、あんまり気持ちよくはないかんじ。

それは体内の修復に意識エネルギーを使っていたんだな。
と、いうことを思い出した。

先日セッションで、クライアントさんとその話しになった。
その方も大病をしたときに、
自分の体内に入り込んで意識で修復していたらしく

あぁ、やっぱりみんなそうなんだ。

魔法でコビトにされて→→→飲み込まれて体内に入り込んでしまう。
的なお話しがありますが、
魔法で勝手にコビトにはされないものの、
自分の意識をつかって体内に入ってる人は多いと思う。

そんなわけで、
今はこういうものが読みたい気分(笑)
らせんとドットに夢中です。


スポンサーサイト
スピリチュアル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。