スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

パパったら。

2009/08/28 Fri 23:55

ひさしぶりに、父のプログをのぞくと
父健在?な画像発見。

img_pastor222.jpg

私のオリジナルの母と父は、別に暮らしていますが
どちらも、今の暮らしがとても二人はシアワセそうです。

ふと、これまで自分が「フツウ」と思ってきたことが
ん~ちょっと間違いだったよね。
かなりマイナーだったよね・・・

私は4歳からベジタリアンになり、
母と妹もつられてほぼベジタリアンへ。
家の中では父以外は、野菜ばかり食べてましたけど
数十年前は周囲から見たらきっと
とても奇異な家族だったかもしれませんね。
しかも、私以外みんな×イチです。
「世間体」という概念の外で、野放しで暮らしています(笑)

当時はベジタリアンといえば、
まずは偏食にカテゴライズされることが多かったですが
次には
「何か宗教をやっているんですか?」(笑)

というのもよく聞かれました。

母と妹はご先祖さま派、(特に母)お墓参りが大好きです。
妹のパートナーは熱心なイスラム教徒で
一日数回のお祈りをかかさず、ラマダンの時期には断食をし、
父は牧師を、
私は現在、ヒンズーの聖者もとで宇宙の真理と教えを学んでますが
日本古来のアニミズム的な思想もとても大好きです。

宗教をやっていますか?

と聞かれれば
それはイエスではない。
けれど、ノーでもないのかもしれない。

「はい。みんな大好きな神さまが違いますが仲良しです」

って感じでしょうか?

私たちはお互いに戦争もなく、
勧誘もなく、否定することもなくただ一緒にいる。

妹のパートナーが祈る傍ら、
時間がくれば私はマントラを唱えながらマーラーをまわし、
彼がイランのバザールに行くときには
「ゾロアスター教のペンダントヘッドお願い」
などと言ってみたりもします。

神社にも行き、みんなでクリスマスを祝って、
この上なく日本人を満喫しているなぁ・・・
と、思う瞬間。

以前、イタリア人の友達が
「死んだら存在がなくなってしまうことが本当に怖いの」
それを思うと夜寝るのが本当に憂うつなの。
日本人はそう思わないんでしょ???
と言われて、
「じゃああなたも今から輪廻転生がある。そう思えばいいじゃない」
と言ったら
「そういうわけにはいかないのよぉ!!」

と、言われましたが、
細胞に染み渡っている宗教DNAがあるのでしょうね
(魂にかもしれませんが)

日本人でいることって、本当に自由かもしれません。

スポンサーサイト
つぶやき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。