スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『奇跡の輝き』

2009/07/30 Thu 02:39

先日、『奇跡の輝き』というタイトルのDVDを友人から借りました。
なんの前知識もなく、ぼんやり観ていたのですが
アストラル界のイメージをわかりやすい形で伝えてくれる作品でした。
1998年ごろの作品です。(「聖なる予言」のあたりのころかな?)

奇蹟の輝き [DVD]奇蹟の輝き [DVD]
(2003/11/19)
ロビン・ウイリアムスキュバ・グッティング・ジュニア

商品詳細を見る


なにがよいか?といえば、たとえば

「視覚化する」
「想念や、とらわれがその人の世界を作っている」
ということがイメージしやすくなる、アストラルの世界を描いた作品です。
「ツインソウル」というテーマも入っています。

ロビン・ウイリアムスを見ると
ついつい「ガープの世界」を思い出してしまうんですが・・・



スポンサーサイト
シネマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。