スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

再びインドへ・・・

2009/06/25 Thu 01:27

7月はじめ~中旬まで、ふたたびインドへ。。。
聖者のアシュラムで
グルプルニマという満月のお祭りに参加してきます。
頻繁に行くと、まるで「インドマニアですか?」
って、感じにみえますが。んん、ちょっと違うんです~
今のながれです。

聖者のアシュラムというと
どのようなところをイメージしますか?

寺院の中には各国から古代の叡智を学ぶために
長期滞在をしている生徒さんたちがいます。
なぜかアジア人よりもヨーロピアンが多く、
中でもドイツの人が多いようです。
どのアシュラムでも共通した傾向なのか、ちょっとわかりませんが
寺院の中はインドというよりも

アジアのリゾート地で外国人に混じったアジア人(?)
な気分になります。

そして野生の猿たちもときどきいて、
この猿たち、女性と子どもからしか、食べ物や持ち物を奪わないとか。
ってことは・・・
猿たちに素通りされるのは、それはそれで微妙。
ってことですか?!

寺院の中は聖者と、その他サポートしてくれている存在によって
とても気持ちがよいのですが・・・
全てのエネルギーが拡大するために、
その人の中にあるプラスもマイナス(ブロック)も拡大されます。

私は何が拡大されるんだろうな???
どのような感情かしら?!
と思っていたら、なんとも・・・片付けられない!
という事態が。

「あっ、忘れものしちゃった先行ってて」

「あっ、まだ支度できてないから先に朝食してて」

とか、ばっかり(笑)
ここは本当に反省すべきとこで、今回はもうしないよーに。

連日、アシュラムのスタッフからくるメールにいろいろな注意事項があって
このグルプルニマ(グルの満月)に
相当な数の人が各国から集まることが予想できます。

わっ。
きっと雑魚寝なんだろうなぁ(笑)
とはいえ、イタリア旅行中に宿が見つからず、
ミラノ駅で寝たことのある私には
マットがあるだけでも十分なのですが。
(一般的にはアブナイのでしませんよーに、するわけないか・・・)

ホテルに宿泊するわけではないので、
一部屋に3~4、5名は当たり前で
シーツやタオル、食器やペーパーなど、
身の回りの備品は全て持参していきます。
んー、旅行荷物が少ない私はまずココが難関、ちょっと大変です。

中国やインド、あるいは未開の地であったり
自然の中に行ったときにいつも思うのは、

ある意味・・・
日常の細々したことは
「どうでもよくなる」

と、いうことを体験しにいっているなぁ。
と思うのです。
トイレ事情、衛生状態、全ての日常の感覚が麻痺してきます。

結果として

「許容が広くなる」

ということを、日本に帰ってくると深く実感します。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。