スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

戸隠・・・修験の道?!

2009/05/07 Thu 02:22

連休中に長野へ行ってきました。
長野の街はなんとも、住みたいぐらいキレイなところ・・・

戸隠神社善光寺へ。

全然なんの前知識もなく、行ってみよう。
と、いうのがいつものことなので(笑)
奥社からお参りすることにし、(結果としてそれでよかったのですが)
いざ、参道を歩き始めると

あいても、あるいても、あるいても、
全然たどり着きません~

途中、杖をもった人たちとすれ違いつつ
あんまりギモンに思っていませんでしたが
もぉー本当に杖ほしいぐらいでした(笑)

戸隠神社は神社と名はついていますが
もともとは有名な修験の場だったようです。
それで納得。
・・・ってことはお参りっていうよりは、修行ですかー?!

ご祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)という神様で
天の岩戸をお開きになり、
その戸を戸隠山の麓に隠した事に始まるようです。

んーあまかった&寒かった。。。
長い参道にヘロヘロになり、やっと着いた先には

雪が積もっているんですもの~!!

まずは奥社で手を合わせます。
見えたビジョンはクロスのようなもので
何かをしっかりと押さえているような印象でした。
脇には、九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ) が鎮座していました。
両方をお参りしてから、私たちはちょっと放心状態で(笑)
そんなに荷物はもっていなかったのですが、
それでもプチ山道を歩くのにはじゅうぶん重かった。
あるくのも、いきるのも
余計な荷物や思い込みはない方がいい。
ただ、歩く。
どんどん、そういう方向へいっている。

結局、五社あるうちの三社まわって
時間的な都合から、そのまま善光寺へと。
あんまり期待はしていなかったのですが、
善光寺・・・素晴らしかったです!

5月いっぱいまで、前立本尊御開帳のようで
着くとそこには人があふれていました。
「あと10分で閉まります」とのことだったので
あわてて、ご本尊さまのところまでいくと
そこにはまるでインドのヴィシュヌ像を参拝したときのように
数秒間しかとどまっていられません。

奥の方に見える小さい黄金の扉から、三体見ることができました。
このお寺へと続く参道はとても明るく活気があって、
お花ひとつひとつにも気がいきとどいていました。
そして何よりこのお寺がみんなに愛されているというのが
とてもよくわかりました。

またぜひ行きたい場所のひとつになりました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。