スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

絶望によるブロック

2008/11/10 Mon 00:33

今日はフラワーレメディーの原稿を書いていました。
私はバッチ博士のバッチフラワーレメディを使用していますが
このレメディは「感情」に特化しています。

バッチ博士の写真を近くに置いて、
レメディについてチャネリングしながら書いています。

「バッチ博士、このレメディで一番伝えたいことは何ですか?」

私のカラーを極力排除して、
できるだけバッチ博士のこだわりである
「誰もが自分自身を癒せるよう」というところが伝わるように。

で、ゴースという「絶望」のレメディのところにきたときに
思わず号泣ですよー
いっきにハート全開・・・
ハートから白い光のようなものが
バッチ博士へとつながりました。

絶対に絶望してはいけない。

絶望は全てのシステムをストップし、ブロックしてしまう。

愛と同じように、あなたには希望がある。

それは人が生きていく上で、魂を成長させることにおいて

障害を乗り越えるための、最大の神からの贈り物なのです。

どんなに絶望の淵にあっても、全てをゆだねて

希望とともにありなさい・・・

あとはハートが導いてくれるのですから。


バッチ博士をリーディングしていると
ウォルト・ディズニーに近いものを感じました。(ミッキーは出てきませんがー)
自然界の精霊ディーバたちとのつながりが
博士を自然と植物へ導いたのかもしれませんね。
ハートの人でした、涙がとまりません。

ホメオパスでもあったバッチ博士は
医師としても成功していた人ですが、
魂の声に従って、死の数年前にこの植物による
癒しのシステムを完成させました。


バッチ博士(Dr Edward Bach)は、
大好きなバッハともスペルが一緒だ♪
そこのバッハ好きのあなたも・・・(誰でしょ~)
バッチ博士とご縁あるかもしれませんね。

love Bach あいしてまーす
img_bach2.jpgimg_bach1.jpg

スポンサーサイト
フラワーエッセンス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。