スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ベジタリアンの逆襲?!

2008/09/30 Tue 00:16



ベジ率がぐっと増えたように思う今日このごろ。
フシギな現象に遭遇します。

私は幼稚園に上がる前にベジタリアンになることを選んだのですが
親以外の大人や友人、彼氏などの身近な人に

「ワガママだなぁ~」
「もうまったく偏食なんだから~」
「好き嫌いが多くて困る」
「じゃあ一体何食べてるの~?!」

などなど、どれだけ言われ続けたことでしょう(笑)
菜食=ワガママ者 という図式

今はいろいろなアレルギー体質の子どもが増えているので
食べ物の好みや反応には、本当に個体差がある。という認識が
一般的になってきているので
食べ物を強要することはなくなってきているのだと思います。

この間友人宅にメロンをもって遊びにいったら
「あっ、それ食べると死んじゃうかも、メロンだけはダメなんだ」(Oh Bingo?!)
ほんとに人それぞれなんだわ・・・と、実感させられました。

今、ビーガンなどの厳格な菜食主義の人や
野菜の調理方法、オーガニックにこだわる人たちが
肉食者に対して、

「えぇ?まだお肉食べてるの?」
(意識が低いわね・・・という)

上からの目線の攻撃現象がおこっているらしい。
ベジしてても、野菜の生命エネルギーをいただいているわけだし。
何事も極端になっていくと、環境や地球への負担も大きいと思う。

これまで、菜食=ワガママ者
扱いされていたマイノリティの私としてはちょっと複雑。

んん~時代が変わったの?!
意識の反転?
バランスが変わりつつあるんだ・・・

でも、こういうことが民族や宗教問題に発展して、
戦争や差別意識につながってきたのも事実。

自分自身が厳格に何かを追求するのは自由だし、
同じように相手が何を選ぶかも、やり方も、その人の自由。
お互いに尊重できる余裕とバランスはほしいな~

何を食べていようと、誰かと、食事を楽しめることって、
本当に素晴らしいことの一つだと思うもの・・・


スポンサーサイト
スピリチュアル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。