スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日は本当に、甘いアマイくらし。。。

朝から、なんともありえない食事。

朝食 ドーナツ2個
夕方 マロンのパウンドケーキ

そして夜は、Mと食事。
散歩しながら、入ったことのないカフェでお茶したいね。
と歩いていると、すわり心地よさそうなソファのカフェを発見。
イチロー選手の話からMLB呼んじゃったかも・・・)


img_0922_2.jpg

photo:
恵比寿に世界初の「MLB」オフィシャルレストランン「MLB cafe TOKYO」がオープン。
1階のカフェ「FIELD CAFE 66」(2009-09-18 渋谷経済新聞)



「もう今日はホントにスイーツ禁止なのよ~お茶だけにしとくわ」

と、居心地のよい店内でおしゃべりしていると、
いつまでたってもMの注文したスイーツが来ない。

「今日はやめとけ。ってことなんじゃない。そろそろ帰りましょっか」

と、カフェを出ようとすると、お店の方がご丁寧に
スミマセン~!!と
私にまでもシュークリーム4つのお土産・・・

えぇ、こういうオチなの~~?!

いえいえ、本当にいいんですよ。
私にまでいただかなくって・・・
んーでもいただいたものだし、これまた私の明日の食事ですか?

あぁダメダメ。
「今日はこれ以上えさを与えないでください」状態です(笑)
(シュークリーム冷凍できるかな?)

img_0922.jpg
スポンサーサイト
つぶやき
マリアさまの聖なる香りを書いているうちに
もうひとつ、エピソードを思い出しました。

先日ようりさんとお会いすることがあったのですが

聖母マリアの香りの数日後・・・
マリア像の前のあたりに
ようりさんがエネルギーでいらしゃっていました。

「あら☆どうしたのかしら?」

と、思ったのですが、
とくに何かキケンがあった感じでもなかったので、
すっーとエネルギーが消えても、心配はありませんでした。

その2、3日後にメールをいただいて、お会いすることになりました。

「あぁ。あの現象は、そういう事だったか。。。」

そのお話をご本人にもしたところ
笑っていらっしゃいましたが、
いよいよ私たちの住む地球は次元の壁も薄くなり、
想念はカンタンに物質化をはじめています。

ご本人のブログにも書かれていたように
長崎の旅へと行かれた後で
マリアエネルギーに包まれていました。

私は今世いちおう女性なので・・・
ジーザスエネルギーの方がわかりやすく、
↑異性のマスターのエネルギーの方がわかりやすいです。

あまりマリアエネルギーを意識したことがなかったのですが
ここ数週間、ほんとによくエネルギーでいらっしゃっています。
あらためて、全てを包み込む包容力とパワフルさに感動しています。
柔らかですが、同時にずしっと地のような安定感もお持ちで毅然としています。
すべての魂にとっての、母なるエネルギー



あらゆる女性を通して、マリアエネルギーはおりている。



そして、おいしいお菓子をいただいきました♪
ほんとにようりさんスイーツに詳しいです・・・
どうもアリガトウございました。

img_09172.jpg
スピリチュアル

聖なる香り

2009/09/16 Wed 22:33

img_maria.jpg

聖なる香り・・・

私がこの香りをはじめて体験したのは
2003年、先祖供養をしていたときのことでした。

守護してくれている祖父(祖祖祖祖祖祖父かな?)
からのメッセージを加勢先生から教えてもらったので、
母と二人で滝に行ったときでした。
黄色い花がご先祖さまとつながるには良いですよ。
とのことだったので、なんとなく時代も考えて菊にしました。

目的の滝について、花束を手向けた瞬間に
ふわ~っとバラの香りが私と母の周囲に漂ってきたのです。

「ん???私たちもってきたの菊だよね・・?」
と二人して顔を見合わせました。

そのときの私は
聖母マリアも天使も、マスターも
まったく興味がありませんでした。

それでも、瞬時に「あ、聖母マリアだ」
と直感的にわかったのです。
こちらの世界で、現実的に動いた母と私に
マリアさまからの「召されました」というサインでした。

あれから6年たち、そんな出来事も
すっかり忘れているところに、
数日前、またあのバラの香りが・・・

「あっ、マリアさまだ」

またあのときのように、
メッセージを伝えに来てくれました。

あなたの周りにも・・・
聖なる香りのメッセージが届いているかもしれません☆

img_maria2.jpg
スピリチュアル

交信会

2009/09/16 Wed 14:55

img_0915_02.jpg


SPACE SEEDの宇田先生と果恋とカフェにて交信会

宇宙のアレコレ話。
食と宇宙の関係から、
イチロー選手が毎日食べているという定番のカレーの話まで・・・

イチロー選手はセドナへも足を運んでいたりするようなので
現実で自分のパターンを日々淡々と構築しつつ
宇宙との交信も欠かさない人なのだろうな。と。

パターン化することって、賛否両論あるかもしれませんが、
ある目的をもって強力に意識化されたパターンを
実行することって儀式ですよね。
磁場に自分の幾何学を紡いでいるようにもみえます。


以前、マスターとチャネリングをしていたときに

「毎週、時間を決めてやりましょう」

と、言われてすごく驚きました。
だって・・・
時間、空間、次元を越えたところに存在しているマスターたちに
なんで?時間の概念が必要なのか理解できなかったから。

理由を聞くと、
「違う次元にいる同士、エネルギーを定着させるために
ある種のパターン、サイクルを時間というものによってつくりたい」
というようなことを言われました。

それは月のサイクルのようなものだとも。
バイオリズムのグラフのようなものを見せられました。

人との相性も案外この根本的な
リズムとかパターンがあっていると細かいところは
どうでもよくなったりしませんか?

話はとびますがー
今とても多くの人がアカシックレコードに行きやすくなっている感じします。
夢の中でも宇宙図書館に行っているようで
巨大な本を宙から検索しているのですが、
読みたいところの文字が自動的に目の前にやってきて拡大されます。

そのときに感じたことが
「あぁ。前より多くの人がアカシックに来てるんだなぁ」
ということ。

多くの人の意識によって、道が太くなったようです。

img_0915_03.jpg

ちなみに交信会は
牡羊座(火星)、射手座(木星)、水瓶座(天王星)
なのでとりとめもなく、勢いとノリが肝心!

果恋のイマジネーション豊かな世界と
宇田先生の知識と宇宙やクリスタルについての
新情報には毎回驚かされます・・・

いとしのヒトビト

範氷氷

2009/09/15 Tue 18:18

中国の女優、範氷氷(ファンビンビン)さん知ってますか?

作品は何もみたことがないのですが・・・
幅広いキャラを演じてくれる、彼女の写真に釘付けです。
もーほんとに今一番好きかもっ(笑)

中国の俳優さんたちって(特に香港あたり?)
コメディが好きですよね?
完璧な美から脱力キャラまでファンビンビンさん最高です。

モンドリアン風のバックの前でポーズをとっていたり、

スタイリッシュだったり

天使のようだったり

イルカに乗ってはしゃいでみたり

正当派な感じだったり

そして、田舎から出てきた素朴な役まで・・・

img_01.jpg

img_02.jpg


img_fanbin.jpg

人の中にはいろいろな面がありますが
こうも完璧に演じてくれている
ファンビンビンさんを見ていると心から楽しくなります。

エネルギーも同じように、毎瞬変わっていきます。
「私」だと思っているものも、
一つの枠であり、思いこみだったりすることも
たくさんあります。

女優であるファンビンビンさんほど、
ハジけることはなかなかできませんが
1人ひとり、自分の中のいろいろな「私」を
楽しみたいですね☆

いとしのヒトビト

『Bitter Moon』 

2009/09/15 Tue 03:33

ロマン・ポランスキー 監督の
『赤い航路』 (Bitter Moon) 久しぶりにみました。
すっかりヒュー・グラントが出ていたのを忘れていました・・・

典型的な英国人の夫役。

img_bm.jpg
photo bitter moon

ストーリーは
豪華客船の旅の途中に出会った
異質な二組のカップルをもとに進行してく。
一組は典型的なイギリス人夫妻として、
もう一組はパリに住むアメリカ人作家とその妻のミミ。

この二人の関係は、ゆるやかに歪んだ形に変わっていく。
その話を典型的なイギリス人の夫役のヒューグラントが
聞き役となっているうちに、
すっかり巻き込まれてしまうお人好しな感じは、憎めません。

・・・・・・

ある日パリの市内を走るバスの中で、
ミミに出会ったアメリカ人作家のオスカーは、
彼女を見た瞬間に恋をしてしまう。

声をかけるタイミングを逃し、
彼女の乗っていたバスは去ってしまう・・・

パリの街をあちこち探してみたものの、
あきらめかけたころ、
別の女性との食事中に、そのレストランでミミと再会した。

二人はその日を境に何日も部屋を出ずに過ごした。
横たわった彼女を見てるだけで、
彼は、その神々しいまでの女神性に打ちひしがれ
幸福に浸っていることができた。

刺激的で濃密な時間があっと言う間に過ぎ去ってしまうと
オスカーは作家としての仕事が思うように進まないことにも
いよいよ苛立ちはじめ、倦怠とともに
彼女の存在が疎ましくなってきた。

バランスを崩したその状態から、
ふと彼の中に「意地悪」な思いつきが芽生えてくる。
あることをきっかけに、
彼(人)がもっている闇の部分が次々と、
関係の中で浮き彫りになっていく。

これって人ごとじゃないな・・・
(刺激を求めてってことじゃなくって 笑)
心の中にある闇の部分は
パーセンテージや実行する、しないの違いはあっても
誰にでも存在するように思うから。

イギリス人夫妻は表面的には、良識的でよい夫婦。
この船旅をきっかけに、
冷めかけているお互いの存在を確認しようと思っている。
オスカーとミミの関係は愛憎があまりにも激しく、狂気の世界。

最初にオスカーとミミの話に引き込まれて、
深みにはまってうろたえる英国人夫役のヒューグラントとは反対に、
やや遠巻きにしていた英国人の妻は
ミミの強烈な個性に触れ、ある意味開花してしまう。

img_bittermoon1.jpg
photo「 bitter moon」

120%の愛情が自分に向いていることを確信した彼は、
出会ったころは、天使のように思っていたミミに対して
サディスティックな意地悪を仕掛けていく。
彼女のハートと肉体は深く傷つき、生死をさまよう極限までいくと、
やがてそれは100倍返しに・・・

男女間ではカーマ・エネルギーが(愛欲のエネルギーといわれます)
働きやすいので過去世からの関係の清算や契約など
いろいろなものがあるでしょうけれど、
ほんとに扱いが難しいですよね。
男女間のテストは誰もがハードに感じるのではないでしょうか?

同じパターンを繰り返したりしてしまうのも
自分の中にあるブロックに反応しているか、
カルマに無意識のままか・・・

私はかつて、“ピン”とくる人は、
みんなわかりやすいカルマの関係でした。
なので、今はちょっとでも“ピン”と来ると、まずは用心してみます(笑)

それは真実の愛というよりは・・・
カーマ・エネルギーによって動かされていることがほとんどでした。

人の心やエネルギーは多面的で、瞬時に変わりますから。
関係の立場の逆転などは、
誰でも体験していることだと思います。

はじめから、関係性においては「立場をつくらない」
と、いうのが私は好きです。

話がそれましたけれど、
彼が最後にミミに「俺たちは愛に貪欲すぎた・・・」
というのですが、
ここは思いっきり

「それは愛じゃなくて欲望ですから~~~」

愛とか愛着と思っていたものも
欲望、執着、コントロールや依存であることが、
ほとんど・・・かもしれません。

典型的なイギリス人夫妻
妻にはミムラスとウォルナットを
夫にはセントーリーとスクレランサスを

作家のオスカーにはバインとチェストナットバッドを
ミミにはチコリーとスターオブベツレヘムとホリーを

心穏やかに過ごせますよう、
登場人物にエッセンスを贈ります☆
(まずはレスキューを全員飲んでほしい・・・)

シネマ

911のファッションイベント

2009/09/12 Sat 20:20

昨日魔女っ子(ひばり)
青山・表参道エリアで開催されていたファッションイベント
FASHIN'S NIGHTに行ってきました。

このイベントは
「景気低迷で苦境にさらされているファッション業界を支援しよう」
という主旨のもと、世界中の都市で(NY、パリ、ミラノ、ロンドンなど)で
ファッションズ・ナイト・アウト(夜遊び)展開されていたようです。
たしかに・・・表参道は遅くまで活気づいてました。

「俄」 【Niwaka】

私たちは「俄」のジュエリーの雅なネーミングにやられました。
和名ってローマ字とともに並ぶと、
より繊細な感じが引き立って、神秘的な気がしますね。
価値感は人それぞれ違いますが
ファッションや服をこよなく愛している人たち、
おしゃれな人びとを目にするのは楽しく、
作り手の美意識の高さというものにも恐れ入ります。

京都発のジュエリーブランドなので
店内には普段あまり見ることのない
幻の京菓子なども並んでいました。
そして、もうススキかぁ・・・

2004、5年ぐらいから縁の深い人たちは、
ひばりちゃんも含めてなぜか原宿界隈に集中してます。
ほぼ徒歩10分圏内に、ここで何かあったのか・・・?
ぐらいに濃いメンバーです。

その後、ひばりちゃんのお友達のカフェに行って
アレコレと話をしながら
すっかり秋の表参道を楽しみました。
(もう残暑なし???)
秋好きの私はとっても嬉しいですが
どーもすでにブタクサのアレルギーのようなものが
始まってて、ちょっと季節が早くない???
とも思っています。
毎年10月ごろになる目のかゆみなどが9月に起こる。
なんだか全体的にスピードが、前倒しになってる気配。

090911_img.jpg
つぶやき

999

2009/09/09 Wed 00:34

蓮音(RENON)の叶苗ちゃんとのお話し中

「9/9/9は七福神のエネルギーが降りる日なんですよ」
と、いうのを聞きました。

知りませんでした~
空なり、空気なり、何かが違う???
かどうか、一人ひとり感じることは違うかもしれませんが・・・
この日はそういうエネルギーの日のようですよ☆

今これを書いていて、感じるのは
それぞれの神さまたちはわりと土着的なものというか、
地にとても根付いたエネルギーを運んでくるように思います。
宇宙人が地球にすんなり馴染むように、
定着されてくれるような感じです。(って意味不明ですか?!)
私自身も急に編み物がしたいというのも
何かこれと繋がっていそうです。
手芸とか、工芸とか、陶芸とか、何か“手”にまつわるものも感じます。

そして惑星たちもインパクトのある星たちが、
続々と目立つサイン(カーディナル)に入り、
カーディナル・クライマックスというもの形成します。
(2008年~2012年)

同じようなことが起こったのは
世界大恐慌といわれるときでした。
わざわざこの時代を選んで生まれてきた魂は、
きっと転換期という瞬間が、
好きな魂ばかりなのではないでしょうか。

この時代は戦国武将の魂の転生が多い・・・
なぜか・・・それは女性となって生まれてきてるようです。
きっとこの時代はその方が自由に改革をしやすいということで
女性として降りてきてるのでしょうね。

10月下旬から土星(権威や責任、制限、カルマなどを表す)が
乙女座から天秤座へ移動します。
乙女座の人は少しほっとするかなぁ。
いろいろな責任が増えたり、魂の成長期でもありましたよね。
(2007年9月~2009年10月)

現実界では(?)選挙のこともひとつの始まりだったようですが
皆既日食の影響も大きかったかな・・・
表面的には覆されてしまった感じしますよね。
根底から変容していくまでには、まだ時間はかかりそうですが
扉がまた一つ開いて、一人ひとりの意識と
私たちの集合意識が以前とはまったく違うものになっていることを
誰もが認識したとても大きな瞬間でしたね。

また水星がしばらく逆行しますが(9/29まで)
全てのことを、いつもより、少し丁寧にあつかって
心穏やかに過ごせればいいかな、と思っています。

懐かしい人とのやりとりがでてきたら
その人との関係でやり残したことを
ワークさせてもらえる貴重な時間ですね。

プラネット
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。