スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「あれ?」と思ったら。

2009/05/29 Fri 20:20

遠くの星ほど・・・
私たちの潜在意識や集合意識に働きかけ
新たな意識の目覚めを促します。

集合意識のゾーンにたまっている
多くの人のイライラや怒り、不安感が噴出したり

人間関係では悪意を向けられたり、
ちょっとした誤解が起こり
煙にまかれるような出来事を体験したり・・・
そんなこともあるかもしれません。

現在のように木星と海王星が水瓶座でかさなっているときには、
人類全体への理想と希望などが、
大きな視点で語られたりすることも多いのですが・・・
(約12年に一度起こります。)
特に5/28、7/10、12/21はぴったり重なります。

中にはもちろん100%善意で語られること、
おススメされるものがあるでしょう。
でも、結果として
「あんまり自分には必要なかったなぁ~」
と。いうこともあるかもしれません。

「人類共通の理想に向けて」「世界改革に向けて」

・・・という話しの大きなものや
集団幻想などにはちょっと気をつけたいですね。

木星も海王星も、
特徴としては膨らますだけ膨らまして
すぅーっと霧のように消えてしまうようなエネルギー。

水瓶座のエネルギーは理想主義でもあるので
博愛精神をもって、現状を改革しようとしますが
悪く出た場合にはガンコで変わり者、
エキセントリックなエネルギーに転じます。

自分のハートをたっぷりと満たしてあげて
強く何かを主張する人やエネルギーには翻弄されないように。
すべては自分の中にあります。
迷ったときやちょっとおかしいなぁ・・・と思ったときに
心の声は嘘をつけません。

「あれ?」

という心の声が3回したら・・・
一度ストップしても、いいことなのかもしれませんね。

img_Escher.jpg
Maurits Cornelis Escher
スポンサーサイト
プラネット

スーフィーの物語

2009/05/23 Sat 23:55

あるとき
夢の中で「Book of Sufi」なる書をいただきました。

Sufi?
スーフィーってなに?

単語さえ知りませんでした。

↓ ↓ ↓

スーフィー

夢やチャネリングなどによってハイヤーセルフや
マスターあるいは天使などから「本」ををもらうときは
古代の叡智であったり、魂の記憶を伝えてくることが多いです。

img_dervishes.jpg

「人生や社会の実態は
普通に思われているようなものではない
それは、ある者には明らかであり、
ある者には知られていないパターンに従っている」

スーフィーの物語―ダルヴィーシュの伝承 (mind books)
イドリース シャー (著), Idries Shah (原著), 美沢 真之助 (翻訳)


夢の中でいただいた「スーフィーの書」については
実はまだページを開いていないのです。

このころ、ブログを書いていると
いきなりゾロアスター教の開祖であったアフラマズダーやら
イスラム神秘主義のダルビーシュ(修行僧)などが次々と
やってきていたので

「ちょっと・・・次々とあやしくない?」(笑)

と存在を疑っていたのでした。

私はとりあえず、書店に行ってスーフィーなるものに触れようと
この「スーフィーの物語」を買ってみました。

読み始めると、寓話のあまりの面白さ、
短編にあふれる霊的叡智は読む人の偏見を取り去り、
ハートが静かに開き、
寓話の中にそっと溶け込んでいくのを感じました。

ここ最近、ふわふわしたスピリチュアル本が
いっさい読めなくなっていたので
この「スーフィの物語」はこれからも
読み続けていく1冊になるだろうなぁ。

日常と認識している世界以外の別の場所で、
多くの人が知識を吸収していたり、
魂のコンタクトやトレーニングを受けている。
と感じています。


books

クリスタルオラクル

2009/05/23 Sat 00:33

先日、発売された「クリスタルオラクル」本
クリスタルヒーラーであるSeikoさんの3冊目の著書です。
とてもお気に入りです。
毎回開くたびに、
クリスタルたちからの愛あふれるメッセージ。

毎朝、このオラクル本をひらきます。

で・・・

「転機です」

とピンクメタモルフォーゼスからのメッセージ
なぜか毎日このページしか開きません(笑)

このクリスタルは変容期をサポートしてくれるのですが
ひょっとして・・・このオラクル本は
全ページピンクメタモルフォーゼス?!

と、思うほどに、
毎日が「転機です」のページです(自称冒険家ですから)


クリスタル・オラクル―クリスタルからのメッセージクリスタル・オラクル―クリスタルからのメッセージ
(2009/03)
二瓶 誠子

商品詳細を見る


私は旅によくタロットをもっていきますが
このオラクル本は、
ついついバッグにいれて持ち歩きたくなるほど
いとおしいです。

すてきなメッセージと愛をありがとうSeikoさん☆

カバーデザイン

ドリームセラピー

2009/05/22 Fri 20:11

水瓶座を通過中の木星と海王星に
カイロン(キロン=魂の傷や医術、癒しを意味する)が
重なることになります。

海王星エネルギーが私たちのチャートのどこかにコンタクトするとき
ある側面からみると芸術に対する感性や感受性、霊感などは高まりますが
霧や液体、ガスなどを象徴する天体でもあるので
別の面からみると輪郭はぼやけ、混乱やカオスもおとずれます・・・
海王星は依存、詐欺、中毒症などの面ももっています。

形や具体性などとは反対の
あいまいで、ぼんやりしたエネルギーが注がれています。

img_neptune.jpg

ここ数週間、わたしは毎晩(明け方の方が多い)大量の夢を見ます。
海王星は夢も司っているのでこの時期、
思考は輪郭がぼやけてしまっているので
1人ひとりが自分の夢の中でドリームセラピー。
メッセージやヒントをもらっているのではないかと思います。

木星も海王星も境界線をあいまいとさせ
拡大するエネルギーなので
「私」と「あなた」の間の輪郭はゆるくなり
同じような体験をしたりすることも多いようです。

いまわたしの水瓶座の太陽に
木星、海王星、カイロンの帽子をかぶっている状態で、
もともとボケ気味でしたが、ますますマズイ・・・

この時期、気をつけたいことは
他人に救いを求めたり、
自分を導いてもらおうと委ねてしまわないように。

夢の中で覚醒し、
目覚めたら、それは夢の続きでもあった。
そんなあべこべの世界。


プラネット
三部作になっていますね。
これはDVDでシリーズを通してみました。

一度観ただけでは、ぴんとこないかもしれませんが・・・
娯楽映画の後ろには、壮大な絵が隠されているものなんだ。
ということを垣間見せる作品でした。


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [DVD]パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [DVD]
(2006/12/06)
ジョニー・デップオーランド・ブルーム

商品詳細を見る



パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト [DVD]パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト [DVD]
(2008/06/04)
ジョニー・デップオーランド・ブルーム

商品詳細を見る
シネマ

スターオブベツレヘム

2009/05/17 Sun 23:23

おひさまスタイルにてフラワーエッセンスのコラム
↓ ↓ ↓

「スターオブベツレヘム・・・天上界のいやし」

書きました。

フラワーエッセンス

エコピープル Ryuichi Sakamoto

2009/05/16 Sat 01:55

エコロジーオンラインにて温野まきさんの
坂本龍一さんのインタビュー記事がアップされています☆
大好きです。

以前、雑誌のインタビューで
坂本龍一さんにお会いしたことがありました。
知的で気さく。
繊細でチャーミング・・・ほんと素敵な方でした。

私はファンとしてテレビや、
音を通して、一方的に坂本さんに接していましたので(笑)
ついつい、うっかり、知っている人のように
「こんにちは~」と、いう感じであいさつしてしまったら

取材後
「あの・・・どこかで会っていましたっけ?」と言われ

「あ~ぁっ、スミマセン、全然会っていません。。。
ファンとして私が一方的に知っているだけです!」

というと・・・

きっと、一方的に(?)知られていることには
慣れている方なのでしょう、笑っていました。

インタビューでは森のことなどについて語られていますが
取材をしているまきさんのお家には、
近所で育った木によってつくられた、素敵な手作りの本棚がある。
まきさんは日々やっていることと、意識と行動において矛盾がない人だ。

「アーティストやミュージシャンと科学者を同じ船に乗せて北極圏を体験しに行く・・・」
というのがありましたが、
そのシーンは想像すると、なんだか胸が震えます。

それぞれの表現方法は違っても、
自然や地球、宇宙の声を、研ぎ澄まされたアンテナで
キャッチし、発信していく人たち。


エコロジーオンライン
↓  ↓  ↓
eco people file:061 坂本龍一さん

090515skm_main_photo.jpg
危機感からmore Treesが始まった(エコロジーオンラインより)
photo:仁礼 博

まきさん自身とてもシャーマニックな人
風のながれ気を読み、空間をみる人
↓ ↓ ↓
温野まきさんの風水コラム

おしらせ

message from R&M

2009/05/13 Wed 17:37

フラワーレメディの
レッドチェストナットとミムラスの精霊より
チャネリングメッセージです。


【レッドチェストナット】
REDCHEST.jpg

恐れることなかれ、投影することなかれ。
闇は神秘 あなたの意識を向けることによって光へと変換する。
あらたなあなたの側面となり 統合していく
あらたなパワーの源として。



【ミムラス】
MIMULUS.jpg

無知ゆえに人は恐れ 自分を守ろうとします。

何かを守ろうという意識が働いているときには
あなたの中に恐れがあることに 気づいてください。

恐れがあなたの中に浮上してきていることに 深く感謝して
開放するべきときがやってきました。

何も恐れることはありません。
私たちは ただそのまま在るということを
体験し 学んでいるのです。


チャネリング
出生図のホロスコープチャート*をながめていると・・・
私たちは自分のレンズ(ホロスコープチャート)をとおして
世界を認識しているのがよくわかります。

自分にとっては当たり前のこと
(考え方、感じ方、行動の仕方)であっても
他の人からみたらそれは・・・

「???」

「?!」

「・・・・」

な、ことが多いのも
それぞれがまったく違うレンズや角度で世界を認識しているから。

魚眼レンズの人、望遠レンズの人、
ソフトフォーカスの人、逆に接写レンズのように
細かいところにフォーカスをあてる人もいます。

img_0513.jpg
ゾディアック(黄道12宮

チャートは見た目は平面図のようですが、
宇宙意識はらせんを描いて私たちの設計図にコンタクトをとっています。
実際の天体の動きや配置と、体内時計のように進行していく惑星意識
360°旅をして12星座を巡った太陽意識は誕生日ごとに
私たちの魂にあらたな光をそそぎ、さらなる成長を促します。


チャートがどれだけ違っていても、
共通していることは、誰もが魂の成長のためにここにいる・・・
ということ。

となりにいる人がどのように世界を眺めているか?
その人のレンズ=世界観を認識すると、いうことだけでも
かなり納得できるのと同時に、
思考や行動を無条件に受け入れられるようになります。

感情を引きずってしまう、怒りをため込んでしまう、攻撃してしまう、
くよくよしてしまう、楽天的であったり悲観的であったり、
精神力の強弱、融通のきかないガンコさ、依存してしまう人
などなど、人はほんとにさまざまなキャラクターで構成され
世界を眺め体験しています。

*プラネットリーディングで使用する占星術用のチャート、
出生図はその人自身の設計図のよう。
魂の成長のためのテーマや才能やチャレンジすることなど
たくさんのストーリーにあふれている。

プラネット

ウエサクっぽいなぁ

2009/05/12 Tue 02:02

ウエサク祭でもあった5月9日のフルムーンにNEOのイベント遊びに行ってきました。
イベント会場でミオ、Mちゃん、Yちゃん、Sちゃんと待ち合わせて。

Shingoさんに新作のフェザーワンドをいろいろと見せてもらいました・・・
新作の中には、まるでタロットのソード?のような
フェザーワンドがあって、すっかり心を奪われてしまいました。(笑)
あれはちょっとズルくない?!カッコよすぎ☆

翌日
「SAYA、コレから食事イカナイ?Mもいるし、K子もいっしょに」

と、ウエサク祭後のエリザベスから電話がありました。

エリザベスは本当に、いくつもの大切なことを教えてくれる
素晴らしいスピリチュアルティチャーです。
ハートを開いてユーモアをもって、ありのまま生きていくことを
いつも実践してくれます。


img026_convert_20090512012309.jpg

先日ハイヤーセルフのチャネリングをしようとしたら
マイトレーヤからメッセージをもらいました。
どおりで・・・ちょっとウエサクが近いこともあって
マイトレーヤのエネルギーとつながりやすかったようです。

5月のエネルギーは自分自身の本質(ハート)とつながることを
容易にしてくれるように感じています。
もしかしたら・・・
終わったつもりの人間関係などと向き合う方も多いかもしれません。

そして私自身も、
スイッチを入れるのか?ギアチェンジするのか?
という案件がひとつありますが、
確かなインスピレーションをキャッチしよーと思ってます。

チャネリングコースAquaLight TERRAが5月の終わりから始まりますが、
これまでのコース卒業者方々にむけて
アドバンスコースの内容を先日メールにて送りました。
こちらはチャネリングをより実践&検証できるように、
そしてさらなる学びを続けて行きたい人向けに組み立ててあります。

ご縁のある方々と、知識や経験を重ねて、深めていけるようなもの、
実践的で充実した内容のコースを提供していきたいと考えています。

と、山羊座にある冥王星が語らせているような・・・
エネルギー満載です☆



スピリチュアル

戸隠・・・修験の道?!

2009/05/07 Thu 02:22

連休中に長野へ行ってきました。
長野の街はなんとも、住みたいぐらいキレイなところ・・・

戸隠神社善光寺へ。

全然なんの前知識もなく、行ってみよう。
と、いうのがいつものことなので(笑)
奥社からお参りすることにし、(結果としてそれでよかったのですが)
いざ、参道を歩き始めると

あいても、あるいても、あるいても、
全然たどり着きません~

途中、杖をもった人たちとすれ違いつつ
あんまりギモンに思っていませんでしたが
もぉー本当に杖ほしいぐらいでした(笑)

戸隠神社は神社と名はついていますが
もともとは有名な修験の場だったようです。
それで納得。
・・・ってことはお参りっていうよりは、修行ですかー?!

ご祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)という神様で
天の岩戸をお開きになり、
その戸を戸隠山の麓に隠した事に始まるようです。

んーあまかった&寒かった。。。
長い参道にヘロヘロになり、やっと着いた先には

雪が積もっているんですもの~!!

まずは奥社で手を合わせます。
見えたビジョンはクロスのようなもので
何かをしっかりと押さえているような印象でした。
脇には、九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ) が鎮座していました。
両方をお参りしてから、私たちはちょっと放心状態で(笑)
そんなに荷物はもっていなかったのですが、
それでもプチ山道を歩くのにはじゅうぶん重かった。
あるくのも、いきるのも
余計な荷物や思い込みはない方がいい。
ただ、歩く。
どんどん、そういう方向へいっている。

結局、五社あるうちの三社まわって
時間的な都合から、そのまま善光寺へと。
あんまり期待はしていなかったのですが、
善光寺・・・素晴らしかったです!

5月いっぱいまで、前立本尊御開帳のようで
着くとそこには人があふれていました。
「あと10分で閉まります」とのことだったので
あわてて、ご本尊さまのところまでいくと
そこにはまるでインドのヴィシュヌ像を参拝したときのように
数秒間しかとどまっていられません。

奥の方に見える小さい黄金の扉から、三体見ることができました。
このお寺へと続く参道はとても明るく活気があって、
お花ひとつひとつにも気がいきとどいていました。
そして何よりこのお寺がみんなに愛されているというのが
とてもよくわかりました。

またぜひ行きたい場所のひとつになりました。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。