スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

神さまは段取りがキライ?

2008/11/22 Sat 02:40

神さまは段取りがあまり好きではない?

それはきっと・・・
人の頭で考える段取りを、はるかに超越しているからかもしれません。
何かがうまく運ばずに、絶望しそうなときも、
結末は最後までわかりません。

宇宙や神さまはその人の弱いところをついてきます。
バランスと調和をもたらすために。
弱いところとは、
エゴであったり、執着やその人のパターンであったりもします。

ここ数週間、レメディの原稿に追われていて
おぉ~一番レメディ必要なのは、今の私かも?!
バッチでバッチリ(by宇田先生)・・・ということで。

一つひとつのレメディについてあらためて
文章にしていくと、どれもがいとおしいんですよね。

誰でも、愛の循環が滞ればイジワルにもなり
愛と反対にある怒りを感じる。
支配的な人は実はさみしかったりもする。
ハイヤーセルフとふたたびつながれば、
誰もが大きな意志の中で生きていることがわかる。

ここ最近飲んだのは
熱中しすぎのヴァーベインとおつかれのオリーブ。

前のめりになって、やっていたことを
ちょっとペースダウンさせたいですね~


スポンサーサイト
スピリチュアル | トラックバック(0)

絶望によるブロック

2008/11/10 Mon 00:33

今日はフラワーレメディーの原稿を書いていました。
私はバッチ博士のバッチフラワーレメディを使用していますが
このレメディは「感情」に特化しています。

バッチ博士の写真を近くに置いて、
レメディについてチャネリングしながら書いています。

「バッチ博士、このレメディで一番伝えたいことは何ですか?」

私のカラーを極力排除して、
できるだけバッチ博士のこだわりである
「誰もが自分自身を癒せるよう」というところが伝わるように。

で、ゴースという「絶望」のレメディのところにきたときに
思わず号泣ですよー
いっきにハート全開・・・
ハートから白い光のようなものが
バッチ博士へとつながりました。

絶対に絶望してはいけない。

絶望は全てのシステムをストップし、ブロックしてしまう。

愛と同じように、あなたには希望がある。

それは人が生きていく上で、魂を成長させることにおいて

障害を乗り越えるための、最大の神からの贈り物なのです。

どんなに絶望の淵にあっても、全てをゆだねて

希望とともにありなさい・・・

あとはハートが導いてくれるのですから。


バッチ博士をリーディングしていると
ウォルト・ディズニーに近いものを感じました。(ミッキーは出てきませんがー)
自然界の精霊ディーバたちとのつながりが
博士を自然と植物へ導いたのかもしれませんね。
ハートの人でした、涙がとまりません。

ホメオパスでもあったバッチ博士は
医師としても成功していた人ですが、
魂の声に従って、死の数年前にこの植物による
癒しのシステムを完成させました。


バッチ博士(Dr Edward Bach)は、
大好きなバッハともスペルが一緒だ♪
そこのバッハ好きのあなたも・・・(誰でしょ~)
バッチ博士とご縁あるかもしれませんね。

love Bach あいしてまーす
img_bach2.jpgimg_bach1.jpg

フラワーエッセンス

エレメント別

2008/11/08 Sat 01:11

何気なく、身近な人たちに聞いてみた。
死んだあと、どういう方法で葬儀されたい?

私は「火葬後に空に撒いて欲しい」と話すと、

Kさんは「え~空なんて落ち着かなくていやだ、私は海がいい」

Aさんは「水も空もいや~土に帰りたい・・・」

Mさんは「そんなー人の手を煩わすのは申し訳ないから病院でいい」

と。

そこへYさんとSさんが登場

Yさんはしばらく真剣に考えて、
「宇宙空間がいいな、でも宇宙ステーションにいっちゃったら困る」

Sさんは細かい指定があって
「京都の○○川から流してほしい。」

と、ここまであれこれ自分の葬儀方法を妄想したところで
自分のエレメントバランスによって
「帰る」という場所のイメージも違うんだろうなぁ~と思った。

だけど・・・

川は海へつながって、海、水は蒸気になって空へ帰り
空からは雨になって地や海に帰る。
と、思ったらなーんだやっぱり私たちはひとつなんだなぁ。


スピリチュアル

証明写真要注意・・・

2008/11/05 Wed 16:16

先日パスポートの更新をしてきました。
IDが更新されるときは、自分のエネルギーも変わることが多いです。
携帯やパソコンなどが壊れるときもそうですね。
面白いぐらいに、パソコンとか家電は反応してくれます。

メールも全然届かなかったり、送れなかったり。
そういう滞りは時間の調整をしているのだと思います。

書類を一式揃えたので、あとは写真を撮っておしまい。
やっぱり写真屋さんで撮ろ。
撮影後、すぐに画面で顔チェック。

お店の人は親切に
「どのお顔がいいですか?」と聞いてくれるのですが、

はっきり言ってどれも同じ顔。

「えぇっーこの顔で10年モノの証明書はありえないでしょう?」

というぐらいのお疲れ顔
というか、犯人ですか?に近かったかも。

ありのまま。。。

この顔が貼り付けられたパスポートを10年も使う・・・
わ~それはココロが痛む。

駅へ向かう途中に証明写真撮影機を発見。
その機械の名前はKi-Re-i

よさそうじゃないですか?
ダメもとで再撮。
ライティングがいい具合にとんでますよ(笑)

写真も視点ですね。
両方の写真をじっと見る、どっちも私でどちらも真実。

この機械は駅の近くなどによく設置されているようなので
何か証明写真が必要の際にはいいかも。ですよ。



つぶやき

なりたいもの。

2008/11/05 Wed 02:44

「何が向いていますか?」
「これで食べていけますか?」

と、いうのはセッション中によくいただく質問です。

パターンはいくつかあると思うのですが、

・方向を初めから設定していて、それに向かって達成する人

・なんとなく好きでやっていたことが、仕事として成立している人

・いろいろやっているうちに、それが統合されて一つの仕事の形態になっていた人

・自分の意志に関係なく、仕事ってそういうものでしょ?と、仕事をしている人

・やりたいことが、わからない・・・

などなど。

少し前だったら・・・

“だって、それが現実でしょ?!”

と、「現実は一つ」という認識を多くの人が共有していたのですが
現在、スイスイと現実を創っていく人と
自ら生み出した重いドラマ(現実)にとらわれて抜けられない人との二極化が進行中。
そこへ・・・
「えぇー一体どちらに進めばいいのかわからない?!」と真ん中に挟まれて
迷っている人も多くみかけます。

今は・・・誰もが自分のスタンスを、自分で選べるとき。

視点の数だけ、現実があって、
それを選んで、創っているのは私たち。
一人ひとりの世界はみんな違う。
選択の自由と幅がある分だけ、
「自己責任」というカギを持っている人たちは
より自由に自分の世界を創造していく。

だけど・・・案外、この「自由」とか「好きにしていいよ」
がニガテな人も多い。

一人ひとりがもっている世界観や愛のエネルギーを
内から、外へと発信したとき
それは「ライフワーク」や「仕事」になったり、
「お金」というものに変わったり、大きな「充足感」になったり・・・
自分以外の人との交流も生まれる気がする。

焦って、外側にある幻想を追いかけてつかもうとするよりも
誰もが内面にあるエネルギーを豊かに育てて膨らませていくと
それは形にならざるをえない。
と、いうラッキーな時を選んで、私たちは生まれてきたのでは☆

スピリチュアル
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。