スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ベジタリアンの逆襲?!

2008/09/30 Tue 00:16



ベジ率がぐっと増えたように思う今日このごろ。
フシギな現象に遭遇します。

私は幼稚園に上がる前にベジタリアンになることを選んだのですが
親以外の大人や友人、彼氏などの身近な人に

「ワガママだなぁ~」
「もうまったく偏食なんだから~」
「好き嫌いが多くて困る」
「じゃあ一体何食べてるの~?!」

などなど、どれだけ言われ続けたことでしょう(笑)
菜食=ワガママ者 という図式

今はいろいろなアレルギー体質の子どもが増えているので
食べ物の好みや反応には、本当に個体差がある。という認識が
一般的になってきているので
食べ物を強要することはなくなってきているのだと思います。

この間友人宅にメロンをもって遊びにいったら
「あっ、それ食べると死んじゃうかも、メロンだけはダメなんだ」(Oh Bingo?!)
ほんとに人それぞれなんだわ・・・と、実感させられました。

今、ビーガンなどの厳格な菜食主義の人や
野菜の調理方法、オーガニックにこだわる人たちが
肉食者に対して、

「えぇ?まだお肉食べてるの?」
(意識が低いわね・・・という)

上からの目線の攻撃現象がおこっているらしい。
ベジしてても、野菜の生命エネルギーをいただいているわけだし。
何事も極端になっていくと、環境や地球への負担も大きいと思う。

これまで、菜食=ワガママ者
扱いされていたマイノリティの私としてはちょっと複雑。

んん~時代が変わったの?!
意識の反転?
バランスが変わりつつあるんだ・・・

でも、こういうことが民族や宗教問題に発展して、
戦争や差別意識につながってきたのも事実。

自分自身が厳格に何かを追求するのは自由だし、
同じように相手が何を選ぶかも、やり方も、その人の自由。
お互いに尊重できる余裕とバランスはほしいな~

何を食べていようと、誰かと、食事を楽しめることって、
本当に素晴らしいことの一つだと思うもの・・・


スポンサーサイト
スピリチュアル

「わたしとおなか」by kalen

2008/09/25 Thu 19:22

7月、一緒に旅をしたkalen
の携帯小説がただいまこちらで連載されています~
       ↓
「わたしとおなか」by 橘果恋

女子高生の恋のお話。
こんなことやってたよね・・・
と、いうようなシーンが重なって
通っていたコの字型をした校舎と、
チョコレートやお菓子の甘い香りがよみがえってきました。

学校帰りといえば・・・それはそれは毎日お菓子三昧で、

コーヒーじゃなくってソーダだったなぁ~とか(笑)

大好きな先輩、たくさんいたなぁ~

メイクしていって、先生に怒られたなぁ・・・
「先生!でも!眉毛かかないと外出できないんです!」
という私の切実な願いは却下され、
結局前髪を切ることにしたよなぁ。

などなど、そんなツッコミ満載の高校時代のワンシーンを、
思い出させてくれました。


皆さんは・・・どんな女の子でしたか?

果恋の小説がこれからどんな風に展開していくのか楽しみです。
主人公のあさちゃんの恋がうまくいきますように♪


いとしのヒトビト
img_0924.jpg
アバンダンス&ハーベスト 
ご参加くださった皆さまありがとうございました。

23日のイベントは2部構成でしたが、
各回に男性が1名ずついらっしゃったので
とてもバランスがよかったです。

リーディングの見え方はいろいろあるのですが
大きく2つにわけると、
・メッセージやヴィジョンが流れるようにくっきり出てくるタイプ
・メッセージやヴィジョンがゆっくりと断片的に出てくるタイプ

これにはさまざまな理由があるのですが
才能や能力って、本当に一人ひとり違っていて
リーディングをさせていただくたびに
とても新鮮な気持ちになります。

今回は皆さんの豊かさを阻むもの、
カギとなるもの、モチーフや意識の使い方などの
側面からリーディングをさせていただきました。

ブロックは人それぞれですが、
そのもっとも奥にあるものは恐れという感情だそうです。

開花していくこと、素晴らしく能力のある状態、
というものを顕在意識では望んでいても、
潜在意識のゾーンでは
能力のある自分や、豊かになっていく自分を
怖くて受け入れられないパターンというのもあります。

成功や豊かさを望みながら、
自分自身の思考や感情が、一番きつくブレーキを踏んでいます。

過去や過去世において、
ある事がきっかけで、ある能力がきっかけで
命をなくしていることや、失敗と思ってしまっている事があれば、
能力自体や能力が開花していくことに対して
無意識に恐怖を感じていることがあります。

でも実際、私たちは何度も、どんな形にしても、命を落とし
皆、死を迎えていますから、
波動など精妙なものをつかって、
貯蔵されてしまったネガティブなパターンを変えることによって
より変化が実感できると思います。

私も宇田先生に本当に素晴らしいリーディングと
波動調整をしていただきました。
どうもありがとうございました。

皆さまの豊かな能力がますます開花されますように。


VOICE &レポート
img_bach.jpg

10月よりプラネット・リーディングA(出生図)のメニューは
プラネット・リーディングB(サイクル)と
フラワーエッセンスが合体したものとなります。

new*プラネット・リーディング *
【星のサイクルとフラワーエッセンス】・・・¥15,000(60分)
message from planets  ミクロコスモスとマクロコスモス 

現在、運行している天体が起こすドラマや心理的に
どのような影響を与えているかながれをリーディングします。
あらかじめサイクルを知り、
ハードな天体の配置のときにフラワーエッセンスによる
波動調整を行って変化に対応できるように、
天体の配置に合わせた、エッセンスのセレクトとアドバイスをいたします。
変化の流れがあるときには、古いものを手放し、
新しいものを受け入れるスペースをつくるときでもあります。
それは外からやってくるようにみえても内在しているエネルギーです。

★注意項目をお読みください★
★ご質問はセッション内にお願いします。
★要出生時間・出生地・生年月日
★詳細の時期を知りたい方は【星のカレンダー】をお選びください。
★惑星の配置に合わせたトリートメントボトルをご希望の方は
セッション代+¥1,000にてご用意できます。
*10月中にご予約の方は
トリートメントボトルをサービスさせていただきます*



現在、運行している天体からハードな刺激を受けている場合に
それに対応したエッセンスをお知らせします。
ご希望の方にはオプションにてトリートメントボトルを
ご提供することも可能です。

長年の感情的なクセやネガティブな環境に身をおくことによって
本来もっている資質が歪められて弱まっているケースが多くあります。

現在運行中の天体は私たちの意識、感情や気分
遭遇するであろう出来事にとても関係があります。
それがハードな角度できている場合、
変化を拒んだり、向き合うべきものと向き合えない場合は
まるでトラブルや外からやってくる。
一方的な圧力のように起こります。が、
実は私たちに内在しています。

宇宙はさまざまな配置を通して、
私たちの魂に、新たなステージへ移行してほしい・・・
とサポートしています。

ハードな時期にはあらかじめ意識化して
フラワーエッセンスなどで波動調整しておくのもひとつです。

フラワーエッセンスは薬ではないので、
肉体に効くというより、オーラフィールドが整うことにより
感情が安定し、最終形態である肉体も安定します。

フラワーエッセンス
先日のアフロディーテの瞑想会にご参加くださった皆様おつかれさまでした。
ありがとうございます☆
来てくださった皆さん一人ひとりが
今必要なメッセージ、ヴィジョンを受け取っていたようです。

アフロディーテの他
サラスヴァティ(弁財天)、アマテラス、ソフィア、マグダラのマリア、聖母マリア
などの存在を体感してもらいましたが
アマテラスはみなさんの体感温度を上げるほどパワフルに来ていました。
その後のソフィアは叡智の女神、
シャープにクールダウンするような感じでしたね。

このあたりで皆さんを見ると
ややフラフラ?みんな大丈夫かな?
首のあたりもやや凝ってきます・・・
(エネルギーあたりみたいな感じです)

テーブルに用意してあった水に全ての女神が転写され
飲んでみると、ん~ホントにまろやかな味!
まるでアクアジェルのような質感に仕上がっていました。
6女神の饗宴ですね。

タロットと女神カードによるワンオラクルにも
女神たちのエネルギーが降り注ぎ、
イシスやサラスバティ、恋人や太陽がでていました。
カードは視覚的にわかるので、そういう点がとても好きです。

チャネリング・ワンポイントメッセージでは
ガイドの方や女神からメッセージをもらい
参加してくださった方はエジプトのエネルギーの強い方や
弁財天のご縁、龍や水の女神(天河神社のご縁?)の方・・・

瞑想会やレッスンは
参加される方に何かしらの共通点があって
とても面白いです。



VOICE &レポート
img_tarot.jpg

~スピリチュアル・タロット10月開催日程をお知らせいたします~

★スピリチュアル・タロット Level 1 【2day】★
メジャーアルカナ22枚 コース


タロットの特性は絵を見ながら、
深いレベルで様々な気づきと変容を得られることです。
タロットカードの言語である
シンボルやカラーをスピリチュアルな視点もまじえて
宇宙の叡智に触れるための、ベーシックな使い方を学びます。
いくつかのポイントとコツをガイドラインに沿って
実習しながら体験し覚えていきます。
(コース中に使用するカードはウエイト版になります)


●日  程・・・10/4(土)、10/5(日)の2日間
★定員になりましたありがとうございます★

●時  間:13:00~17:00

●受講費:¥23,000yen

●会  場:恵比寿予定

●定  員:2~3名 

●対  象:
タロットカードは初めて。
またはやったことはあるけれどうまくリーディングできない。
他のセラピーと組み合わせてつかいたい。
という方に。

※スピリチュアルワークが入るため、
現在、心療系の治療をされている方、心療系のお薬を服用の方は
コースのご参加ができません。



【1day】

タロットについて
カードの扱い方
メジャーアルカナ カードの構成
リーディングの環境を整える
大アルカナ22枚のもつ意味 (前半)
スプレッド(展開方法)ワンオラクル/過去・現在・未来
タロットのガイドを召喚する
リーディング方法
タロットリーディングの実習
チェックテスト

※1日目は簡単なホームワークあり

【2day】

大アルカナ22枚のもつ意味(後半)
シャッフルのコツ
リーディングのコツ
質問の立て方
スプレッド(展開方法)年間リーディング
ソウルカードとイヤーカード
タロットリーディング実習
相手をリーディングする
ハイヤーセルフとともにリーディングを行う
カードの浄化方法とセルフケア
タロットをつかったメディテーション
シェアリング
Q&A
チェックテスト

●当日ご用意していただくもの

・筆記用具
※コースの録音はできませんご了承くださいませ。

・タロットカード
※お好きなカードをご持参ください。
また何を選んだらよいかわからない場合には、
最初にもつカードはウエイト版がおすすめです。

★お申込みの方は右欄のフォームより★

・お名前
・e-mailアドレス
・件名:スピリチュアル・タロット申込み
・ご連絡先(携帯)

をご記入の上お申込みくださいませ。

タロット

アフロディーテの瞑想

2008/09/09 Tue 18:08

img_20080912.jpg

急ですが・・・
タイミングの合う方へむけて。

☆☆☆ アフロディーテの瞑想 ☆☆☆
2008年9月12日(金)

をしようと思います。
ご興味のある方は右欄のメールフォームにて
・お名前
・ご連絡先(当日連絡のつく電話番号)
をご記入のうえお申込みください。

・2008/9/12/Fri 19:00-21:00
・恵比寿 2~4名(女性のみ) ★定員になりましたありがとうございます★
・¥4,000

誰もがもっている女神の側面を
メディテーションにより活性化します。
当日は瞑想にはじまり、
アフロディーテのエネルギーを体感していただいて、
最後にチャネリングにてワンポイント・メッセージも行います。

※アフロディーテ・エッセンスやアロマオイルを使用いたしますので
リラックスした服装でお越し下さい。

さて。
なぜ、その金曜日?
といえば

金曜日はヴィーナスでもあり
現在運行中の天体、金星(ヴィーナス)と火星(アレス)が
天秤座のちょうど中間でコンジャンクションします。(重なります)
火星が入っている天秤座はエネルギーが満ちてきます。
パートナーシップ、対人、社交など人とのコミュニケーションが
活溌になるでしょう。

現在、太陽も天秤座を運行中なので、
天秤座の人はパワフルな状態にありそうですね。

金星は天秤座の守護星でもあり、天秤座にいると落ち着きます。
ヴィーナス、アフロディーテのエネルギーです。
そして火星はヴィーナスの恋人、男性性や情熱を表しています。
その2つの天体が重なる優雅でエネルギッシュな日なのです。

運航中の天体のエネルギーを
瞑想によって活性します。

金星は女性性、美、愛、芸術、豊穣や快楽、価値を象徴しています。
ヴィーナスであり、アフロディーテ
エジプト神話ではハトホル、またはイシスとなります。
プラネットリーディングでは金星は恋愛や喜び、
その人にとっての価値やお金を意味し、
男性のチャートの中にあってはアニマ(理想の女性像)を
あらわすされています。
女性のチャートの中では自分の女性像をみることができます。

そして火星は激しく燃える火、パッション。
火星は戦いや災いの神とされていますが、本能的に生きていく情熱や
金星の存在に対しては男性神とされています。

占星術の記号では
金星は♀、火星は♂であらわされます。

男性的な力であり、エネルギーを表します。
火星は欲求や衝動の根源でもあり、本能と結びついているので
トラブルをもたらすこともあり、凶星とも考えられていますが
生きていくうえでの活力をあらわします。

女性のチャート内ではアニムス(理想の男性像)をあらわし
男性のチャートの中ではこうありたい男性像です。

一人ひとりの中に宿っている
情熱と優美なるエネルギーが統合し
一つになる瞬間となります。

ワークショップ&イベント

10月からのコース

2008/09/09 Tue 15:34

10月からのクラス・スケジュール

★スピリチュアル・タロット
★アクアライト・チャネリング・コース

の日程と詳細を
今週中にブログにておしらせいたします。

ご興味のある方はご覧下さいませ。

おしらせ

不適切と不都合な場所

2008/09/09 Tue 13:13

冬子さんの作品が人の深い部分、
シャドウを揺さぶることと彼女の存在について、
Kちゃんと「taboo」の話になった。

表層的な癒しではなく、
根底から容赦なくわき上がってくるような変容。
それはマグダラのマリアの中にもありましたが
月の道、湿った暗く見える道を通過して太陽意識へと
たどり着くような事。
(タロットカードでも太陽の前が月になっています)

で、何をもってtabooとするか? と。

んん、距離っていうのもひとつのワードなのかな。
などとと答えていると、
彼はこんな風に例えてくれた。


K「自分の髪の毛が、頭に生えているのはどう感じる?」

S「ぜんぜん違和感ない」

K「じゃあ、それが床に落ちていたらどう感じる?」

S「それは不快かも~自分の髪でも・・・」


それはとてもわかりやすい例えだった。

同じように風水研究家の友人が
「あるべき場所に、あるべきものがある」
ということがとても大切なこと。
とよく言っていますが。

その言葉、頭ではよく理解しているつもり。

でも「髪が頭皮をすり抜けて、床に落ちている図」
をイメージすることによって

より、リアルな「嫌な感じ・・・」として記憶される。

あるべきものが、ある場所に。

の重要性、本質的な意味を実感しました。

髪という存在自体、善し悪しはなく
頭皮から離れた事によって、
だいたいが不快なものになる・・・

存在というのは善し悪しではなく、
不適切な場所にいることが、不都合。



スピリチュアル

潜在ゾーン浄化月間

2008/09/09 Tue 01:55

ここ数週間夢を見つづけます。
潜在意識ゾーンがまた浄化シーズンに入っていそう。

パフュームをいろいろな人からもらっている夢
しかもCabotineのロゴがくっきりと。
香水瓶の上に色とりどりの花がついていて
香りのある夢は、とても心地よいものでした。

img_cabotine.jpeg
photo Cabotine

そして、以前の同僚だったKが
「私、キムタクと住むことになったの」
と、言ってる。
えーじゃあ、お祝いしないとね~などと言っていると、
シーンは変わって
波動マスターである林先生が「ツインソウル」の著者の方と
カフェで打合せをしているところに
なぜか私も居合わせています。
そこへ割って入るように・・・
目の前に
「明治製菓の御曹司です」とスーツを着た3名の男性が(笑)

夢の中にあらわれる
先生や社長、重役や有名人などの人物は
マスターが象徴的にそういう人をヴィジュアルとして使って
あらわれることも多いです。

それにしても、コントのような運びに
夢の中でも「なんかヘンなの~」と思ってます(笑)
こんなときは考えるよりも夢日記に記録だけしておこう。
後で意味がわかることもある。

最後に、部屋のクローゼットから
男の人が扉を突破して飛び出してくるー
いやぁーこれは夢の中でも充分こわかったですが
私が必死に扉を抑えながら
「なんでぇ~人の家のクローゼットに勝手に入ってるのぉー」
と言うと

その人は
「下にいるお父さんに聞けばわかるから、ともかく出してくれ」
って言うの。

えっ。やだ、下に父までいるの・・・もぉ。
しかも父に聞けばわかるって?

キーは父なわけ?

こんなに夢の中で有名人と男性ばかり
しかもクローゼットとか、地下に父が住んでいるわけですからね。
夏前にはあんなに元気だった
私の中の男性性と男性像にちょっと疲れと危機が訪れている。

この時期はクリアリングに徹底しよ。

この最後の夢に関してはガイドより
お父さんに手紙を書いたら?と言われましたので
出さない手紙でも書いて、炎の浄化しようと思います。

浄化って本当にエンドレスです。
浄化といえば・・・
また近いうちにアクエリアン・エイジについても書きますね☆

水の女

2008/09/08 Mon 13:33

2603020956.jpg

邦画にはまってるというK一邸で「水の女」を観賞。
私は普段あまり邦画を観ないのでよい機会。

全然知りませんでしたよ、この映画・・・しかも2002年・・・
タイトルを聞いたときにも
え?安倍公房の「砂の女」をパロったもの?
ぐらいにしか思いませんでしたが
とんでもなかったです。

UAさんにもびっくりしましたが(おそすぎ)
映画の登場人物は四大元素であるエレメント
の特徴をもった人が出てきます。

水は女性をあらわし
火は男性をあらわしますが
水である女性がもっている湿度・・・

映像は水、水、水、雨、雨、雨ときどき炎。
すっかり、水浸しの気分になり
ちょっと炎が恋しくなり。
エレメントに圧倒されつつ
ぼんやりと映画のエンドロールを眺めていると

special thanksみたいな感じで
Swami Kaleshwar ・・・

ん?Swami(インドの聖者)は
この映画の中でエレメントについてのアドバイスをしたのかな?

映画をつかってのメッセージ。
Swamiは火のマスターですが
こんなところにも。

マスターたちは本や広告、映画
友人との会話あらゆるチャンスをつかって
メッセージを送ってくれています。

以前、空海をチャネリングして
インスピレーションライティングをしていたときに
途中あまりに難しいことを言われ
半分、放棄しているときに
知人の口から連日「空海」というワードが出てきて、
しかも3人にも言われたときには観念して
続きをちゃんとやりました。

逃げていると周囲から固めてくるんですねー
マスターたちは。

シネマ

神へ届く意志 言葉

2008/09/08 Mon 00:33

「綴り字のシーズン」というタイトルのDVDを観ていました。
この映画はいつ上映されていたのかな。

リチャード・ギアとジュリエット・ビノッシュが
夫婦役って・・・ちょっと濃すぎ?(笑)
頭の中で「プリティ・ウーマン」と「ポンヌフの恋人」の映像が
同時に流れてしまうのは私だけ?(笑)

ストーリーは全体的に地味目ですが
独特な濃さが残りました。

家族構成は
大学で宗教学を教えている夫と、科学者の妻、
大学生の息子、小学生の娘の4人家族。

娘がスペリングのコンテストに出場していくうちに
独自の能力が開花してきます。
同時に、家族の間に潜在的に存在していた
さまざまな問題も表面化していきます。

その能力・才能とは・・・
ある言葉を耳にすると、
その言葉がもつ本質的なエネルギーがスペルとして見えてくる。
というもので、このシーンはとても美しく、楽しく。
そこに存在している力、エネルギーが
言葉という形に変換されていくプロセスを楽しめました。

人によってはこんなふうに
言葉を認識して感じている人もいるのかもしれません。

そんな娘に父は

「言葉と文字は宇宙の神秘を隠している」

「神へ届く意志は言葉」

とさまざまなスペリングの中に隠されている秘密を
嬉しそうに教えていきます。

言葉をそういう視点でたどっていくと
本当にいろいろなものが隠されているのが
わかります。

娘も喜んでその神秘を学んでいきますが
知識満タンのお父さんよりも、
子どもはたやすく本質的なエネルギーに、
コンタクトしてしまいます。

同時に妻の抱えていたトラウマがメインのストーリーと
絡むのは少々、唐突な感じがあったけれど
(インナーチャイルド的なものも多分にありそうです)
息子がはまるヒンズー教の登場の仕方にもちょっと?
がありましたけど・・・
そのあたり、わざと軽めにしていたのかもしれませんね。

最後は一番幼い娘のある選択によって
家族間に浮上した問題も再生していくのですが
家族ってフシギな団体・・・

近いがゆえに見えなかったり、雑にしてしまったり。
本人同士はいたって深刻なふうに感じていても
はたからみたらマンガのように見えたり。
ヘンテコだけど、それでもやっぱりいとおしい。

日本語版のジュリエット・ビノッシュの声の吹き替えを
友達の美貴ちゃんがやっていたのには驚いた。
その数日後、
彼女から秋の舞台のお知らせが来ていた。

何かを目にするとき、耳にするとき
誰かの電波が数日前に
こちらに届いていることはとても多い。

こういう現象は体験上、
あまり日をおかずにやってきます。
翌日のこともあれば、
2~3日あるいは1週間程度であらわれるのが多いかな。


img_.jpg


シネマ
img_bach.jpg

現状が変化せずに、あるいは変化が激しく、
どこへ向かっているのか、わからなくなることがあります。

新たなエネルギーの定着のために
肉体の器を整える必要があったり、時期をみていることもあるけれど
多くは過去の自分の信念や感情がブロックとなって
邪魔をすることが多いです。

スワミ(インドの聖者)が
この時代は自分のカルマ以外にも
非常にネガティブを受けやすい時代です。
と言っていましたが
さまざまな事件や事故をみてもそれは感じますし
天候の異変、精神のバランスを崩す人も多くなっています。
自分自身の心の在り方、精神力がとても試されます。

以前、チャネリングしたときに
カルマがまるで巨大な細いシルク糸のようなものに
見えたことがありました。
(私はご先祖さま系の霊体は見えません)
打ち上げ花火で言うと、
柳のような(やっぱり柳って独特なものなのね)形のもの。
このような形状のエネルギーが足に絡んでいたり
まとわりついていると、
生きていくことにとても労力が必要とされ
生命エネルギーが吸い取られていくのがわかります。

まずは誰もがすぐに出来ること。
眠る前のほんのひととき(あるいは寝起きも)
目を閉じて感謝とともに、内省する時間をもつと
ネガティブの波動を受けにくくなる思います。

信じる?信じない?
という観点から言えば、それはどちらも自由です。
実践して実感&体感したことのみが
あなたにとっての真実で答えなのだと思います。

祈りや感謝の波動は何よりのプロテクション。
まずは身近な家族や大切な人々
先祖、そして地球、宇宙、創造主へと
広げていくのもいいと思います。

カルマデトックス、免疫力を高めて、
心身そして霊的なプロテクション力をアップして
これからを過ごしていきたいですね。

セッションを通じて、現在の状況をみて
フラワーエッセンスのセッションを再開しようと思っています。

霊的な成長の前に、感情のブロックがじゃまをしてなかなか
進めない場合が多く、不安になったり、自信がもてなかったり、
潜在的な怒りをためていたり、罪悪感をもっていたり・・・

本来の魂がもっている資質が開いてくる前に
大きなダメージを受けすぎてしまうのは
あまりに時間がもったいない。
というか、時間がないように思います。

メニューの変更詳細またご報告いたします。

おしらせ

雷神 

2008/09/02 Tue 17:44

img_lovers.jpgimg_tower.jpg
左/Lover's Tarot 右/Waite Tarot

いよいよ、そろそろ・・・本当に。
地球、自然界の変化にともない、
自分の意識をシンプルに保つことが重要だなぁ
と深く体感しています。

ここ最近の天候、雨や雷にはとても深いメッセージがありますね。
雷によって覚醒していく、意識。
壊れていく固定観念と価値感。

タロットカードの中に雷、いなずまが登場する
「タワー」というカードがあるので
このカードのもつエネルギーのことでも・・・

タワーは
その人がもっている固定観念、思考体系や
物質主義の象徴、世間体やプライドなどを意味しています。

星のない暗闇は、希望のない状態を表し、
人は塔の中に入り、レンガを高く積み上げることにに専念しているうちに
ふと気づくと、出口をなくしてしまいました。

塔の上にある王冠は成功や名誉をあらわしますが、
これによって、自らが縛られることとなり
状況が行き詰まってしまったのです。

そこへ稲妻、神のエネルギー、宇宙意志が
目覚め、覚醒、啓示を一瞬にしてもたらします。
いなずまによって暗闇が照らされ、
どうすることもできなくなった関係性や状況を根底から破壊します。
闇は未知や恐れそして無知であったりします。
意識が目覚めていく直前は
一層、闇が暗く恐怖に感じるのではないかと思います。

このカードが出るときには価値観や信念体系、
関係や組織などの行き詰まった状態が
突発的に崩壊していく様子を表します。

リーディング中にこのカードが出る場合は
固定観念や価値感が壊れて再生していくプロセスを見せられます。
多くは組織に絡んだことが多いですが、人間関係においても同じです。
この塔が壊れるプロセスを経て人は目覚めていきます。
スピリチュアル的には「エゴ」と言う言葉に置き換えても
わかりやすいかもしれませんね。

強烈な光は、今まで見えなかったもの、
全てを照らしますから結構ハードなカードです。
このカードは占星術でいうと
火星のエネルギーと同じとされています。

火星は情熱もあり、行動力もありますが
場合によっては破壊へのエネルギーとなります。
ダイナミックな動きのあるカードです。

雷により強烈な破壊と目覚めのイニシエーションをうけた
私たちの意識が次に向かうところは【星】のカード。
ここではもう何も隠すことのない裸になっています・・・

塔はとても男性的なエネルギーのカードでもあります。

タロット
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。