スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
img_130913_2.png

『世界一美しい本を作る男』

と、言われているドイツ人のゲルハルト・シュタイデル氏のドキュメンタリー映画が

9/21からシアターイメージフォーラムで上映されるようですね

昨年このシュタイデル氏の作品でもある『Paper Passion』について書いてありましたが、

さまざまな作家とのやりとりをドキュメンタリーで見ることができるのは嬉しいです。

出演者に・・・ギュンターグラスを見つけたときには!(「ブリキの太鼓」の作家)


この映像がすぐに脳内に。。。

↓ ↓ ↓

img_130913.jpg

もう絶対に観に行かないと〜!

「世界一美しい本を作る男」 なんてキャッチもしびれます

スポンサーサイト
シネマ | コメント(0)

『The Private Lives of Pippa Lee』

2010/01/27 Wed 01:51

img_0126_6.jpg

一緒にトラに乗ったYさんから、試写のお誘いをいただいて

『50歳の恋愛白書』
(The Private Lives of Pippa Lee)
~2/5より全国ロードショー~

を観てきました。

Pippa役の女優さん、とても素晴らしかったす。
ゆるりと力が抜けていて
ある種のドライさと、優しさが絶妙に混在している感じ。

キャストはとても豪華でしたが
さらりと楽しめました。

キアヌ・リーブスはこれまでブッダと救世主を演じている
不思議な俳優さんですよね。
今回も・・・
そんなオチがちゃんとありました。

日本語タイトルは
他につけようがなかったのかな。。。


img_0126_1.jpg
img_0126_2.jpg
img_0126_3.jpg
img_0126_4.jpg
img_0126_5.jpg
「The Private Lives of Pippa Lee」


シネマ

AVATAR

2009/12/31 Thu 01:32

「AVATAR」を、アバターとみてきました。

img_123001.jpg

img_123002.jpg

img_123003.jpg

CGが素晴らしかったです。

パンドラという惑星の名は

そのままギリシャ神話の「パンドラの箱」を連想させ

アバターを起動するには、空っぽになってマインドをリンクさせる。

というのもチャネリングするような感覚で面白かったです。


別次元では姿を変えた、

それぞれのエネルギーが存在している。

そして・・・姿を変えても、

やっぱり!!

その人独自のエネルギーを発してる。。。



シネマ
3Dメガネでクリスマス・キャロルを観てきました。
子どものころ、このストーリーを読むたびに・・・
頭の中で響く、鎖の音が怖かったのを思い出します。
ほんとに、もう、アートワークが素晴らしいですね。

レディースデーだと思っていったら、3Dめがね代でいつもより高く・・・
E(外国人)と一緒だったのですが、その時間は日本語の吹き替えで・・・

うわぁ~ダブルパンチ。ヘンな日(笑)
そんな日もある。。。



シネマ

THIS IS IT

2009/11/05 Thu 23:38

マイケル・ジャクソンの「THIT IS IT」観てきました。

素晴らしかったです。

続けて、あと2回ぐらい、劇場で、見たい感じです。

「キング・オブ・ポップ」王というよりもマイケルは・・・

なんとなく、

王子の方がピンとくるかなぁ・・・

素敵な曲をたくさんありがとう。マイケル!

シネマ
ファウンテン 永遠につづく愛 [DVD]ファウンテン 永遠につづく愛 [DVD]
(2008/06/06)
ヒュー・ジャックマンレイチェル・ワイズ

商品詳細を見る


原題ではFOUNTAIN(根源)というタイトルになっていて
この日本語のタイトルとビジュアルからイメージすると・・・

フツウの恋愛映画のようにみえますが、
内容は幻想的で、かなりスピリチュアル色の強い作品です。


オリジナルのビジュアルはこちら・・・
どうでしょう?!
実際の内容はこちらに近いです。
↓ 
img_10202.jpg

img_10201.jpg


神はアダムとイヴを
エデンの園から追放し―

炎の剣を置いて
「生命の木」を守らせた

創世記 第3章24節

という聖書の言葉で始まります。


ちょうど最近、また「生命の木」のメッセージがきていました。
タロットでも、この「生命の木」を意味するカードがよく出てきます。
十字架も「生命の木」をあらわしているので、
キリストエネルギーのメッセージのようです。

インドの聖者スワミカレシュワーラによる聖書の真実(英語版)が
12月に発行されるようです。
残念ながら、私は英語の本は読めませんが・・・
日本語に翻訳されることを心待ちにしています。

キリストエネルギーは
ダヴィンチコードが出版されたときや映画上映のときにも
とてもたくさん来ていました。

img_10203.jpg

この作品では
過去、現在、未来が同時進行して、二人の関係が交差していきます。
彼が瞑想中に見る光は、実際に私も瞑想しているときに
サードアイにみる光と、とても似ている。
ただ、映像はCGを使っているためちょっとサイケになってますが。。。
かなりこの光の洞窟の部分近いです。

img_10205.jpg


マヤ文明もチラっと絡んでくるのですが
マヤ文明って・・・
実は私はちょっと怖くて苦手かなぁ~
マヤ暦はやっても、やっても、覚えないし(笑)

img_parenke.jpg


●宇宙船の中の自然
●「ファウンテン」の舞台裏:死と復活(7種)


特典メニューにある「宇宙船の中の自然」の映像面白かったです。

インタビューを受けているヒュージャックマンが語る
言葉の中に、気になるフレーズがたくさん出てきます。

光と闇、男性と女性、昼と夜、死と生
などなどの二元について、
二面性があるように見えるものも結局は一つ。
死を受け入れることによって生がある。
サレンダーすることなどなど。

「知識の木」と「生命の木」・・・

映画自体はちょっとマニアックなので
あまり・・・見やすいものではないかも!


シネマ
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。